スイストラベルパス

通用国

スイス

鉄道パスのタイプ

通用日連続タイプ
3日間、4日間、6日間、8日間、15日間

フレックスタイプ
3日、4日、6日、8日、15日(有効期間1ヶ月間)

料金タイプ

1等
大人、ユース(16-24歳)、子供(6-15歳)

2等
大人、ユース(16-24歳)、子供(6-15歳)

  • スイストラベルパスをお持ちのご両親いずれかが同伴される15歳までのお子様は、人数にかかわらず、スイス国内の公共交通機関にご利用いただけるスイスファミリーカード(無料/大人と同時申込・発行が必要)の発行が可能です。
    ※スイスファミリーカードの利用条件・適用範囲は、ご両親がお持ちの鉄道パスと同じです。
  • ユースは利用開始日時点で 16 歳から 24 歳まででなければなりません。

パス利用期限

発券から6か月以内
お申込み時に利用開始日を必ずご指定ください。発券の際に利用開始日が必要となります。発券後の利用開始日の変更は出来ません。

こんな方にお勧め

スイスの国鉄もしくは国鉄に準ずる鉄道路線でご利用いただけます。スイスを周遊をされる方にお勧めです。

ご案内&ご注意

  • モバイルパス(Eチケット)となり、事前に印刷をしてお持ちいただく必要がございます。
    モバイルパスのご案内
  • 座席指定券や寝台券は含まれておりません。高速鉄道や寝台列車をご利用の際は、別途指定券・寝台券(有料)が必要となります。また、指定不要の列車で座席指定をご希望される場合にも、指定券(有料)が必要となります。
  • 現在、弊社ではパスをお持ちの方専用の座席・寝台指定券のお取り扱いがございません。
  • パスの利用開始日より前に弊社へご返却いただければ払い戻し可能です。ただし、所定の払い戻し手数料(1パスにつき販売価格の15%と弊社手数料2,200円(税込))がかかります。ご返金までには通常1か月程度のお時間をいただいております。

料金表

スイストラベルパス(連続タイプ)

2022年5月料金/単位:円
有効日数1等 / 大人1等 / 子供1等 / ユース2等 / 大人2等 / 子供2等 / ユース
3日間53,40026,80037,70033,60016,80023,800
4日間64,70033,90045,60040,70020,40028,800
6日間82,50041,30058,20052,00026,10036,800
8日間89,30044,70063,10056,30028,30040,000
15日間97,70048,90069,30062,10031,10044,500

スイストラベルパス(フレックス)

2022年5月料金/単位:円
日数/有効期間1等 / 大人1等 / 子供1等 / ユース2等 / 大人2等 / 子供2等 / ユース
3日/1ヵ月61,40030,70043,30038,70019,40027,400
4日/1ヵ月74,40037,20052,40046,80023,50033,200
6日/1ヵ月88,30044,20062,20055,60027,80039,400
8日/1ヵ月93,90047,10066,40059,20029,70042,000
15日/1ヵ月102,20051,10072,50065,00032,60046,500

<ご注意>
ご購入の際には、別途取扱料金が発生いたします。
【取扱料金】 1パスにつき2,200円(税込)

 

関連商品

  1. ユーレイル フランスパス

    フランス全土で利用することができる鉄道パス。フランスは主要都市間を高速鉄道(TGV)の路線が整備されており、またパスも1日分から設定があるため、フランス内の周遊だけでなく、パリからの日帰り旅行にもとても便利です。

  2. ユーレイル ジャーマンレイルパス

    高速列車網がよく整備され、主要都市が広く全土に広がる形のドイツでは、鉄道の利用が人気です。ヨーロッパの中程に位置する地理的な関係もあり、周辺の国々とのアクセスも抜群です。他国に比べ、列車予約が必要な少ないこともあり、鉄道パスを利用するメリットも大きくなっています。

  3. ユーレイル スペインパス

    スペイン国鉄(RENFE)でご利用いただける鉄道パス。スペイン国内の周遊旅行におすすめです。フレキシータイプのパスとなりますので、1ヶ月の有効期限のなかで、好きなお日にちを選んで利用することができます。

  4. ユーレイル オーストリアパス

    文化芸術の都ウィーンをはじめとして、自然豊かなザルツカンマーグートの玄関口となるザルツブルクや、アルプスの麓にあるインスブルック、また古都リンツやグラーツなど、国内に点在する見所も鉄道網が整備されているので、鉄道パスを利用して効率良く鉄道で旅することができます。

  5. ユーレイル イタリアパス

    イタリア全土の国鉄(FS)で利用可能な鉄道パス。南北に長く伸びるイタリアでは、主要な都市も南北に点在する形が基本ですが、観光では主要都市を基点にして、周辺の魅力的な小さな街や村を訪れることもあり、自由度の高い鉄道パスはそんな周遊の旅にもぴったりです。

  6. ブリットレイルパス

    イギリス全土で利用可能な鉄道パス。乗車券料金が比較的高く、座席指定が必要な列車が少ないイギリスでは、鉄道を利用した旅行の際にとても便利な鉄道パスです。ロンドンの空港連絡列車などにも利用できます。

ページ上部へ戻る